5.必ず必要な社内体制と体制づくり