6.まずは、小さな一歩を大切にしよう