実現したい未来を創るための第一歩

将来、社会に衝撃を与えたい人のためのインターン。全世界のユーザーに最高の価値を届ける為に
120%全力で取り組めば、スキルという次元を超えた成長が可能です。

スティーブ・ジョブズや坂本龍馬など、社会にインパクトを与える大事を成す人間に共通していることが1つあります。それは世の中の常識を疑い、社会やモノゴトのあるべき姿を追求していることです。

例えば、スティーブ・ジョブズは、携帯電話のあるべき姿を追求し、iPhoneという素晴らしい製品を発明しました。坂本龍馬は、黒船をはじめとする異国の脅威が押し寄せる中、日本のあるべき姿を思い描き、明治維新の基礎を築きました。

もちろん、プログラミングや営業力などの「スキル」も重要です。しかし、真に重要なのは「これはこうあるべき」ということを徹底的に考える姿勢だと弊社は考えます。それさえあれば、「スキル」は後からいくらでもついてきます。

120%全力で取り組んでもらえば、スキルという次元を超えた成長が可能です。

弊社バズ部は、社員全員がマーケティングのあるべき姿とは何かを徹底的に追求した末に生まれたメディアです。「ステマ」を始めとしたユーザーを無視した小手先のテクニックが氾濫しているWEB業界の中で、「ユーザーにとって価値を届け続ける」という当たり前だけど本質的なことを徹底してきました。

そのため、弊社では、「本質」「妥協ない最高の仕事」「ユーザーにとっての価値」「お客様の結果を出す」という言葉が絶えず飛び交います。これらは、当たり前のように思えますが、ビジネスパーソンとして持つべき最高の姿勢だと考えています。

そんな言葉が飛び交い、社員全員がそれが全てだと本気で信じている環境だからこそ、自然とどういうスタンスで仕事をすればいいのか習慣として身に染みつきます。そして、土台がしっかりしていれば、その高い基準を満たす仕事をするためのスキルが向上するスピードも桁違いに変わってくるでしょう。

「全世界のユーザーに最高の価値を届ける」
これが、我々が目指しているものです。

最高の価値とは、ユーザに喜ばれるというだけでなく、ユーザーが気づいてもいないモノ・コトだと考えています。

それは、マーケティングやサイト制作だけにとどまりません。人や社会にとってより価値のあることを、追求し続けていきます。その第一段階として、現在は「ビジネス」や「マーケティング」という枠組みを、さらに良いものに作り替えて行こうという活動をしています。

我々の想いに共感してくださり、社会に対してインパクトを与えたいと思っている方は、ぜひバズ部インターンにぜひご応募ください。